寝る前と朝に飲んで脂肪燃焼!はちみつレモン10の健康効果 前半

豊橋市のおすすめ整体・ダイエット・マッサージの店舗検索サイト

ferique (フェリーク豊橋』です。

 015111.jpg


はちみつレモンがおすすめな人

  • ダイエットしたいが食べ過ぎてしまう・風邪をひきやすい・がんを予防したい・ストレスが多い
  • 抜け毛が気になる・便秘することが多い・肌荒れやシミ、シワが気になる・口臭が気になる



ハチミツレモンの様々な効果

 ①ハチミツレモンを朝と夜に飲んで脂肪燃焼

はちみつレモンを朝に摂取する事によって新陳代謝が活発になり、エネルギーの消費を増やすことができます。

白砂糖の糖分は「ショ糖」のみですが、はちみつの糖分の約40%が「ブドウ糖」で、約50%が「果糖」ができています。ブドウ糖と果糖はこれ以上分解されることのない単糖類なので、飲むとすぐに胃腸に吸収されエネルギーに変わります。

脳は1日約300kcalのエネルギーを消費しており、そのエネルギー源はブドウ糖のみなので、はちみつの糖分は体と脳に効率よく消費されます。はちみつには体と脳を目覚めさせて代謝をアップするビタミンB群とミネラルがたっぷりと含まれています。

朝だけでなく、寝る1時間前に蜂蜜を摂ることで質のいい睡眠が得られ、寝ている間に脂肪を燃焼する効果があります。

脂肪燃焼の鍵は寝ている時に最も分泌される「成長ホルモン」の分泌量です。

寝る前に肝臓に適度な糖質を蓄える事によって、成長ホルモンが充分に分泌され、脂肪が燃焼されやすくなります。睡眠時間は6~7時間とりましょう。 


②味覚を正常に整えて食欲を抑える

レモンの酸味によって自然と糖分や脂肪の多い食品を避ける味覚に変わります。
レモンに含まれる「ペクチン」には、食欲を満たしてくれる食欲抑制効果もあります。
砂糖のカロリーは100g当たり348kcalですが、はちみつのカロリーは294kcalと低カロリーで、はちみつの甘みを感じる強さは白砂糖の1.3倍と言われています。
はちみつは砂糖よりも太りにくく、少量でも満腹感を得られます。


③ 乳がんが22%減少!

レモンには乳がんを抑制する可能性もあると言われています。
アリゾナ大学がんセンターの実験で、レモンの香り成分である「D-リモネン」を手術前の乳がんの女性43人に2~6週間毎日2g摂取してもらった所、体内にがんが存在する指標となる腫瘍マーカーの数値が22%も減少したのです。
「今あるガンが消えていく食事」という本を出版している西台クリニックの済陽高穂院長は本の中で、がん予防におすすめの食材としてはちみつとレモンを積極的に取るように書いています。
西台クリニックは過去13年間で約60,000人のPETがん検査の実績があり、その数は世界でも最大級の病院です。
食事の改善による「がん食事療法」の相談も行う実績ある病院の院長が勧めるがん予防の効果をはちみつレモンで取り入れてみませんか?


④ 老廃物や毒素を排出するデトックス効果
レモンには酵素が豊富に含まれていて、食べ物の消化や吸収、分解を促してくれます。

肝臓の働きも強化して解毒作用を助けてくれるので、二日酔い解消にも効果的です。

肝機能が活発になることで血液がきれいに浄化され、老廃物や毒素を排出してくれます。他にも動脈硬化の予防や、血管を柔らかくして血圧を下げる効果もあります。

はちみつにはカリウムが豊富に含まれているので、余分な塩分を排出してくれます。むくみや高血圧予防にもおすすめです。

⑤冷え性改善!風邪などの病気を予防

蜂蜜の強い殺菌力が細菌の増殖を抑えるため、咳止めや痰の切れを良くしてくれる効果があります。
レモンには免疫力アップの効果もあるので、風邪をひきにくくなったり、感染症などの病気を予防する効果も期待できます。
寒い季節はホットはちみつレモンにすることで、血行がよくなって代謝がアップするため冷え性改善に効果があります。
レモンに含まれる「クエン酸」は疲労物質を分解してくれるので、疲れや冷えを感じやすい人はホットはちみつレモンがおすすめです。 


=============================

豊橋市でオススメ、健康・美容・マッサージの店を探すなら

豊橋市のリフレクソロジー 総合サイト

http://www.refre-toyohashi.net/

掲載無料

=============================